FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

インプラント難症例への対応 ボーングラフト

この2日間のセミナーは骨が少ない難症例へのインプラント治療がテーマでした。
骨を増やすためのボーングラフトの手技と考え方を学んできました。基本的にはできるだけ
グラフトをしないグラフトレスでインプラント埋入を行うのが、このセミナーも自分自身も
基本方針なのですが、前歯部などの審美領域では半数以上のケースで何らかの骨造成が
必要になってきます。それでもできるだけ、患者さんの負担が少ない方法を試行錯誤しています。
今日は軟らかい発泡スチロールのような模型を使っての実習でした。
DSC00333_convert_20110731230427.jpgDSC00335_convert_20110731230500.jpg
骨を安全にシャープに切るためのピエゾという器械を使ったりしながら、いろいろな
技術を駆使して、難症例にもインプラントが可能になってきています。
この実習は去年のコースではなかったもので、中村先生のコースは毎年進化しています。
話を聞くたびに何かしら新しい発見があり、今回の出張も有意義でした。
得られた知識、技術はまた患者さんに還元できるようがんばります。
明日から8月。暑い日が続きますが、気合いで乗り切っていきましょう。

スポンサーサイト
テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag:学会・セミナー  Trackback:0 comment:0 page to top

プロフィール

後藤英夫

Author:後藤英夫
ルーセントデンタルクリニック院長の後藤です。
ここでは歯科の話ばかりでなく、普段気づいたことをざっくばらんに語ろうと思います。くだらない話ばかりだと思いますが、中年おやじの適当な日記ですのでお許し下さい。
E-mail; gotou@shibata-dental.or.jp

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。